家族が一番大切な日々

結婚してすぐ第一子ができ、その子どもが小学生になった途端待望の第二子妊娠・・・と順風満帆な我が家。
本当に今の毎日が幸せな事に感謝感謝(*^_^*)
 でもね・・・以前はちょっとした「家庭の危機」もありました。

 

 転勤など皆無だと思っていた主人が、長男が3歳になる時突然遠方に転勤になったのです。
私も当時多忙な仕事をしており、主人と私と協力して子育てしていかなければ成り立たないと思っていた矢先でした。
転勤が急だったため、私はすぐに仕事を辞めて主人についていく事ができず主人を一人、遠方で生活させることに。
 主人は料理も家事も全くできず、インスタントやレトルトで生活したせいで体重が10キロも減ってしまいました。
 私は子どもの面倒をきちんと見ることができず、残業の日は24時間保育に泣きながら嫌がる子どもを預けたりしていました。
 半年後、ようやく会社から退職を受理され、私は会社を退職して子どもを連れてすぐ主人の元へ。
 身よりもなく、右も左もわからない土地での暮らしでしたが、主人と子どもと三人で暮らす事のなんと温かく幸せな事か。

 

 慌てて引っ越したので、主人が単身赴任で暮らしていた2DKのアパートに未だ暮らしていますが、
それでも毎日家族を肌で感じ、喜びや悲しみを分かち合う事の大切さを身をもって知る事ができました。
 パパ、息子ちゃん、これからも愛しているよ♪


このページの先頭へ戻る