京都 上賀茂神社の手作り市

京都の北部にある世界遺産の『上賀茂神社』へ行ってきました。
こちらの神社の本来の読み方は『賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)』というそうです。
『雷』のお力により、厄を祓い災難をよける厄除の神様として祀られています。

 

境内はとても広く、きれいな小川も流れています。
春から夏にかけては小さな子供達がズボンをまくって川遊びをしている風景をよく見かけます。
木々が生い茂り、ちょうど日陰になるので、待っているご家族も太陽を気にせずに遊ばせられるようです。

 

第4日曜日の「手作り市」に行ってきました。
小川をぐるっと囲むように境内には250もの手作りのお店が立ち並びます。
どれもこれも流通していない一点ものばかりで、手に取ると店主との会話が弾みます。
作り手とすぐ話せることで、使い方やおススメ品など間近に聞くことも可能です。
ファミリーで来られた方はお母さんが手作り市へ、お父さんとお子さんは境内で鬼ごっこや川遊びをして
一日中過ごせるようです。
また手作り品は雑貨だけではなく、パン、クッキーやシフォンケーキ、漬物、佃煮、乾物も販売されていて
お昼にパンを買って、芝生でいただくことができます。
駐車場は終日500円、京都市内では日曜日ですとコインパーキングの上限設定がないため、この金額でファミリーで一日中居られるのはありがたいですね。


このページの先頭へ戻る