セカンドライフというゲーム内の人間関係

セカンドライフというゲームでは簡単に美男美女のアバターが作れてしまいます。

 

人というのはいくつになっても恋をしたいもので、中身は中年の男女の場合であっても、かわいい女の子やイケメン男子になって恋愛し、結婚しといった「恋愛ゲーム」として楽しんでいる人も多くいます。

 

本当にアバター自体やその動きがリアルですので、美しい人に恋をするのは当然の心理ですし、さみしいからゲームをしている場合も多いですから、そこには依存や独占欲、嫉妬といった人間の醜い感情が渦巻く場合もあります。

 

現実の世界では恋をされることのない男性が、ゲームの中でイケメンを作り女性にモテてあげくに三角関係になったりもめたりしているのをたくさん見てきました。

 

人というのは楽しいことだけを求めるのかと思っていましたがそうでもないようです。
人を好きになって執着して苦しい思いをしても、たかがゲームなのに簡単にやめることができないようです。

 

愛されること、嫉妬されること憎まれることを快感に感じる歪んだ心の人も多く存在するのがわかりました。

 

私も長年そういったことに関わりあってきましたが、これはばかばかしいなと思うようになったので、今では自分のキャラをお人形に見立ててファッションを楽しみ、他人とは関わりなく遊ぶようにしています。


このページの先頭へ戻る